HOME > 花粉症に効くアロマと使い方

花粉症に効くアロマと使い方

リラックス効果があると言われるアロマオイルですが、花粉症にも効くアロマオイルがあります。
でもアロマの香りを嗅ぐだけで本当に花粉症の症状が良くなるのでしょうか。

アロマオイルにも色々な種類がありますから、どんなアロマでも花粉症に効果があるわけではありません。
一般的に効果のあるアロマとして有名なのは、ティーツリーやローズマリー、ユーカリ、ペパーミントなどがあります。

これらのアロマオイルは抗炎症作用や抗菌・殺菌作用があり、粘膜の炎症を抑えたり、異物を排除したり、あるいは免疫力を高めることでアレルギー反応を鎮静化させると言われています。
花粉症は花粉が体内に入ることで引き起こされる免疫反応が原因となって引き起こされるものです。

花粉症の人はこの免疫作用が過剰な状態にあり、気管支や目、鼻などの粘膜で炎症を起こしてしまうのでしょう。
ですからアロマの香りを嗅ぐことで粘膜の炎症が鎮められると、痒みや鼻水、鼻づまりの症状も緩和しますし、あるいは免疫力自体が強化されるので、アレルギーを引き起こす免疫異常自体が起こらなくなるのです。

さてアロマテラピーをしたことが無い方は、どのようにアロマオイルを使ったら良いか迷ってしまうことでしょう。
ですからここではアロマオイルの代表的な使い方を紹介したいと思います。

代表的なアロマオイルの使い方としてディフューザーやアロマポット、アロマライトなどがあります。
もちろんこれらを使っても良いですが、アロマオイルを使うためにわざわざ買う必要はありません。

一番お金がかからなくて簡単な方法はマスクにアロマオイルを1,2滴垂らしてマスクを付けるという方法です。
香りが薄くなってきたらまたアロマオイルを垂らしてあげれば長時間使うことが出来ます。

またコップにオイルを1,2滴たらし、お水で薄めてうがいするという方法もおすすめです。
粘膜に直接オイルが触れるので、口や鼻の粘膜の炎症を鎮め、鼻水や鼻づまりが治まったり、清涼感のあるアロマだと鼻や喉がスーッとして呼吸が楽になります。

それからアロマバスという方法も簡単に出来るのでおすすめです。
お湯に直接オイルを入れるので、お肌からアロマオイルが浸透しますし、オイルが揮発して呼吸器からもアロマオイルが浸透します。

入浴によるリラックス効果や温熱効果も高めてくれるので、代謝機能を向上させたり、免疫力の強化にも役立つでしょう。
このようにアロマオイルの使い方は色々ありますから、自分に合った方法を見つけてみてください。