HOME > 花粉症注射は危険?

花粉症注射は危険?

花粉症の薬というと内服薬や点鼻薬、点眼薬がありますが、どれも一時的に症状を和らげる薬です。
ですから花粉の季節は飲み続けなければなりませんし、根本的に花粉症が治るわけではありません。

それに眠気を誘発したり、喉がカラカラになるなどの副作用も多少なりありますし、日常生活に支障が出ることもしばしばです。
しかし最近では花粉症注射なる治療法が開発され、花粉の季節が来たら注射1本打つだけで辛い症状が消え、花粉症の辛い季節を爽快に乗り切ることが出来るというのです。

一旦注射を打てば、1,2か月は症状が出てこないので、薬を持ち歩く必要もないし、薬が切れて辛い花粉症の症状に悩むことも無くなります。
実際に私の友人も毎年注射を打って、花粉の季節を気分爽快で過ごすことが出来ていると言います。

しかしこの花粉症注射、一部では副作用の危険性があるとの声があります。
注射の中身は副腎皮質ホルモンと呼ばれる成分で、元々人間の体内に存在する成分です。

過度な副作用の心配はする必要は無いと言いますが、長期連用は確かに危険です。
風邪を引いている方や持病(糖尿病など)の方、妊娠中の方などは止めた方が良いといいます。

また花粉症注射を行っている病院が限られているのも気になるところです。
実際に私もある病院で注射をお願いしたら、「今時花粉症注射をやっている病院などありませんよ。」と言われたのを覚えています。

確かに花粉症注射は効果も高く、一発で目や鼻の痒み、鼻水、鼻づまりが無くなるのだから非常に有難い治療薬です。
しかしながら、一方で糖尿病や高血圧症を併発するリスクも高くなるそうです。

それに一旦注射すると、ホルモン剤が効いている間は効果が持続する一方、副作用が出ても体から取り出すことが出来ないのです。
ですから薬が徐々に体の外に出ていくのを待つしかありません。

実際にステロイド剤には、免疫力の低下や副腎機能の低下、糖尿病、胃潰瘍、肥満、骨粗しょう症など副作用の危険があることはご存じですね。
花粉症の症状は確かに辛いですが、たかが花粉症の治療と引き換えに負うリスクではないと思いませんか。

アトピーや喘息の治療にもステロイド剤は使用されますが、吸入タイプや軟膏タイプのステロイド剤ですから、内服、注射タイプのステロイド剤に比較すると危険性は全くありません。
花粉症注射にすがりたい思いも分からないでは無いですが、個人的にはあまりおすすめできませんね。