HOME > 花粉症と風邪の簡単な見分け方

花粉症と風邪の簡単な見分け方

春先に咳やくしゃみが出たり、発熱すると風邪なのか、花粉症なのか一見分かりづらいことがあります。確かに風邪と花粉症の症状は似ている部分があり、特にこれまで花粉症でなかった人などは自分が花粉症と中々認められないことがあります。しかしながら風邪と花粉症の症状は決定的に違う点があります。ですから風邪と花粉症を併発している場合を除き、実は意外と簡単に見分けることも可能なのです。風邪の諸症状といえば、発熱、悪寒、関節の痛み、咳、くしゃみ、鼻水、喉の痛みなどがありますね。この中で発熱、悪寒、関節の痛みに関しては、重度の花粉症患者を除き、花粉症の症状としてはあまり見られない症状です。中には花粉症で微熱を感じる人がいるようですが、高熱が出ることはあまりありません。花粉症で頭痛がするという人もいますが、これは鼻づまり等の原因で息を上手く吸い込むことが出来なくなり、酸素不足になるからと考えられています。鼻の通りが良くなれば頭痛も軽減する人が多いようです。このような理由から、発熱、悪寒、関節の痛みといった症状が顕著に見られる場合は風邪と思った方が良いかもしれません。一方で花粉症の場合、咳や喉の痛みを感じる人も中にはいますが、それよりもくしゃみや鼻水といった症状に悩まされる人が多く、目や鼻の痒みを伴うことが多いです。これは花粉が目や鼻の粘膜に付着することでアレルギー反応が起こっているためで、花粉を体外に出そうして鼻水や涙、くしゃみが出るのです。ですから目や鼻の強い痒みを感じるときは花粉症を疑った方が良いかもしれません。それから鼻水から風邪と花粉症を見分けることも出来ます。一般的に風邪を引いた場合、鼻水は黄色くて粘度が高く、ねばっとした鼻水になることが多いのですが、これは鼻水に風邪の原因菌であるウィルスや、ウィルスと戦った後の白血球が含まれているからと言われています。一方で花粉症の場合の鼻水は無色透明、さらっとした鼻水であることが多いようです。このように症状が似ているものの、風邪と花粉症では明らかに違う点があります。自分がこれまで花粉症でなかったという人は花粉症を認識するのに時間がかかるようですが、こういった症状の違いを見極めれば、自分が風邪なのか花粉症なのか分かるはずです。いずれにせよ病院に行けば一発で分かるとは思いますが、参考にしてみてください。