HOME > 花粉症に効く食べ物

花粉症に効く食べ物

花粉症に効く食べ物は色々あります。
ビタミンやミネラル、食物繊維はもちろん、三大栄養素をバランス良く摂取する必要があるのですが、他にも花粉症の方が摂取してほしい栄養素があります。

それはポリフェノールです。
ポリフェノールを含む食べ物は花粉症に良いと言われています。

ポリフェノールと聞くと赤ワインを思い浮かべますが、その種類は数千種類にも及び、光合成によって作られる成分で、ほとんどの植物に含まれています。
特徴としては高い抗酸化作用があり、老化や病気の原因とされる活性酸素を除去する働きがあることでしょう。

ちなみに赤ワインに含まれるポリフェノールはプロアントシアジニンと呼ばれる成分ですが、もちろん花粉症には有効とされています。
他にも緑茶に含まれるカテキン、コーヒーに含まれるクロロゲン酸、玉ねぎに含まれるケルセチンなどもポリフェノールの一種ですね。

なお玉ねぎはアレルギー疾患に有効な根菜として有名です。
詳しくは玉ねぎダイエットをご覧ください。

花粉症などのアレルギー反応が起こるのは、体内に侵入した花粉に対して抗体がヒスタミンなどの神経刺激物質を放出するからですが、炎症が起こると体内に活性酸素が発生し、炎症をさらに悪化させます。
ポリフェノールは抗炎症作用があるだけでなく、抗酸化作用もあるので、アレルギーによる炎症を鎮静化させる作用があるのです。

ポリフェノールは光合成によって作られる成分ですから、ほとんどの野菜や果物に含まれています。
また野菜や果物はビタミンCやビタミンEを含むものも多いので、花粉症に効く食べ物といえるでしょう。

他にも淡色野菜に含まれる硫黄化合物や緑黄色野菜に含まれるβカロテンも抗酸化作用や免疫力強化作用があるため、アレルギー疾患には有効です。
花粉症対策にポリフェノール、是非活用してみてください。