HOME > 花粉症はビタミンDの不足

花粉症はビタミンDの不足

アレルギー疾患に悩んでいる人は血中のビタミンDの濃度が少ない傾向にあります。このビタミンDは魚類やきのこ類、卵に豊富です。ビタミンDは食事から摂取することも可能ですが、実は体内で生成することも可能なのです。日光を浴びると健康になるといわれますが、日光を浴びることでビタミンDが生成されるのです。ですからビタミンDはサンシャインビタミンとも呼ばれるのですが、サーファーにアレルギー患者が少ないと言われるのは、日光に当たる時間や回数が長いからだとも考えられています。現代にアレルギー患者が増えているのは、多くの現代人は日光を浴びる機会が減り、慢性的なビタミンD不足にあることも原因として考えられるでしょう。また花粉症が流行する時期はスギ花粉の飛ぶ春先ですが、秋から冬にかけて日照時間が減少することも花粉症が流行する一因なのかもしれません。ビタミンDはカルシウムの吸収を調整し、骨を丈夫にする働きがありますが、同時に免疫力を調整する作用もあり、ステロイドホルモンと似たような働きをするようです。ですからビタミンDはアレルギーに良いだけでなく、その他の免疫疾患や神経疾患にも有効とされているのです。なおビタミンDはサプリメントでも摂取することが可能ですが、サプリメントは過剰摂取をする恐れもあります。ですからビタミンDは食事から無理のない量を摂取することが理想的ではあるのです。